金沢動物園

今月の月イチ動物園は「金沢動物園」。
すでに何度も来たことがありますがここ何年かきてなかったのでかなりひさしぶりです。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(1)_convert_20171108211940
ここが入口。と思いきや本当の入口はもうちょっと先にあります。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(2)_convert_20171108212212
途中にある「ののはな館」。前来た時はミヤコタナゴがいましたが今はいません。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(3)_convert_20171108212305
ここが入口。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(4)_convert_20171108212410
モモイロペリカン。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(5)_convert_20171108212522
ヒガシクロサイ。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(6)_convert_20171108212610
アミメキリン。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(7)_convert_20171108212803
アラビアオリックス。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(15)_convert_20171108214041
オカピ。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(20)_convert_20171108214527
コアラ。
ここの一番人気の動物なのにあまりいい写真が撮れなかった。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(16)_convert_20171108214121
オオカンガルー。
中に入ることができてかなり間近で見ることができます。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(8)_convert_20171108213106
身近な生き物が飼われています。奥の水槽にミヤコタナゴが飼われています。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(17)_convert_20171108214316
ミニブタ。他にもポニーやヤギやヒツジがいました。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(9)_convert_20171108213228
シロイワヤギ。
飼っているのは日本でここだけ。この個体だけ。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(10)_convert_20171108213314
オオツノヒツジ。
前来た時となりにはプロングホーンがいましたが今はいません。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(18)_convert_20171108214356
ベアードバク。
中米の動物なのになぜかユーラシア区で飼われている。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(19)_convert_20171108214441
ガウル。
前はとなりにアノアもいたが今はいない。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(11)_convert_20171108213615
インドゾウ。
これだけ牙が長いのは他では見られない。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(13)_convert_20171108213918
スーチョワンバーラル。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(12)_convert_20171108213729
ニホンカモシカ。
驥第イ「蜍慕黄蝨・(14)_convert_20171108213957
シロテテナガザル。

以上です。
今回ここに来て感じたのは前来た時よりも飼っている動物の種類が明らかに減っているとはいうことです。
前来た時はいたのに今回来た時はいなくなっていた。こういう動物がかなりいたということです。
いたとしても年老いた個体が1頭だけ。という感じで今、日本の動物園が抱えている問題。
「将来動物園から動物がいなくなってしまうかもしれない」というのを切実に感じさせてくれます。
ある意味将来が心配な動物園でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたっぴ

Author:へたっぴ
まずは簡単な自己紹介から
性別:男 年齢:秘密 住んでいる所:神奈川県

私の趣味や日常、思った事をただダラダラと垂れ流していくだけのブログです。
面白くないと思いますが、見ていただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR